TOPページへ

主な宗派による仏壇の飾り方

仏像の実例     仏教宗派一覧.pdf    サイズ・大きさの説明

下の例は、あくまで例 小型仏壇の場合には、いろいろ省略される。
なお、僧侶が来られた時、経机の上には何も載せない。おりんは経机右側下へ。
多少の飾り方のちがいは許されますが、ご本尊等のまちがいは厳禁です。

荘厳   浄土真宗 本願寺派(お西)の例  左右の図は別の例、右が左図の説明ではありません。( 以下同じ )  

※ご注意 法事など、僧侶が来られた場合、経机の上には何も乗せません。以下 同じです。

 浄土真宗 大谷派(お東)の例  荘厳

おりんセットは 僧侶が 読経中でも手が届く 右下あたりに置きます。

浄土宗 の例   荘厳

真言宗 の例   荘厳

曹洞宗 の例   荘厳

臨済宗 の例  荘厳

天台宗 の例    荘厳

日蓮宗 の例   荘厳

↓ 小型のお仏壇で、飾り方を略した例 


本山と主な寺院

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

西・東
本願寺
(京都)

知恩院
(京都)

久遠寺
(山梨)

永平寺
(福井)

妙心寺
(京都)

延暦寺
(滋賀)

金剛峰寺
(和歌山)

専修寺
(三重)
仏光寺
(京都)

増上寺
(東京)
禅林寺
(京都)

本能寺
(京都)
本成寺
(東京)

總持寺
(神奈川)
ここも
本山

建長寺
(神奈川)
南禅寺
(京都)

園城寺
(滋賀)
四天王寺
(大阪)

智積院
(京都)
長谷寺
(奈良)

本尊中央奥

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

阿弥陀
如来

阿弥陀
如来
勢至菩薩
観音菩薩

曼荼羅
釈迦如来
多宝如来

釈迦如来
瑩山禅師
道元禅師

釈迦如来
花園法皇
無相大師

阿弥陀
如来か

釈迦如来

大日如来

 本尊が多いのは「三尊仏」と言われるもの。天台宗はどちらか。

本尊左 脇がけ

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

蓮如上人

九字名号

法然上人

大黒天
中央に
日蓮聖人

(瑩山禅師)

花園法皇

伝教大師

不動明王
十三仏

本尊との重複は、本尊が一体の時に脇がけをする意味。

  本尊右 脇がけ

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

蓮如上人

九字名号

法然上人

大黒天
中央に
日蓮聖人

(瑩山禅師)

花園法皇

伝教大師

不動明王
十三仏

唱 名(称名)

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

南無
阿弥陀仏

南無
阿弥陀仏

南無
妙法蓮華経

南無
釈迦牟尼仏

南無
釈迦牟尼仏

南無
阿弥陀仏

南無宗祖
根本伝教大師福聚金剛

光明真言


宝号

主な 経本

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

正信偈
和讃
御文章

阿弥陀経
歎仏偈
四誓偈

法華経

修証義
般若心経
観音経

般若心経
観音経
坐禅和讃
大悲呪

般若心経
法華経
観音経

般若心経

その他特徴 ※ 地方や宗派で若干異なってくる

浄土真宗

浄土宗

日蓮宗

曹洞宗

臨済宗

天台宗

真言宗

りん

木魚
伏金
りん

木鉦
りん

木魚
りん

木魚
りん

木魚
りん

りん

供笥

高杯

高杯

高杯

高杯

高杯

高杯

三角打敷

四角打敷

三角打敷

三角打敷

三角打敷

りん灯

吊り灯篭

吊り灯篭

吊り灯篭

吊り灯篭

吊り灯篭

吊り灯篭

法名軸
過去帳

位牌
過去帳

位牌
過去帳

位牌

位牌
過去帳

位牌
過去帳

位牌
過去帳

湯茶×
霊膳×

湯茶
霊膳

湯茶
霊膳

湯茶
霊膳

湯茶
霊膳

湯茶
霊膳

湯茶
霊膳


 

真宗大谷派 HPへ
shinsyu ootani
浄土真宗本願寺派HPへ
honganji 
  浄土宗 HP
jodo
曹洞禅ネットHPへ
soto
 日蓮宗 HP   
                 nitiren
神社本庁HP
shinto


対話型通販 注文のしかた 特定商取引表記 お問い合わせ