TOPページへ

 仏像について

 

   

大分類  …  主に花山勝友先生著「仏像のすべて」による

 

如来
nyorai
 釈迦如来 阿弥陀如来 大日如来 薬師如来 
 琵盧舎那(びるしゃな)如来・五智如来 阿閦(しゅく)如来 他
菩薩
Bodhisattva
 聖観音 十一面観音 千手観音 不空羂索(けんじゃく)観音 如意輪観音
 准胝(じゅんてい)観音 馬頭観音 三十三観音 他
 
勢至菩薩 弥勒菩薩 文殊菩薩 普賢菩薩 日光・月光菩薩 
 虚空蔵(こくぞう)菩薩 地蔵菩薩 妙見菩薩 他
明王
Fudo etc
 不動明王 降三世明王 軍荼(だ)利明王 金剛夜叉明王 大威徳明王
 孔雀明王 愛染明王 他

ten
 梵天 帝釈天 四天王 七福神 吉祥天 鬼子母神 摩利支天・十二天
 荼枳尼(だきに)天・韋駄天 聖天 他
諸尊  金剛力士(仁王) 薬師十二神将 十王 達磨 羅漢 日蓮 弘法大師 
 最澄・親鸞・聖徳太子 他

 

               

 



                  その概要

如来   ○もともとの意味は、正しく目覚めた人  
  ○釈迦(実在)の姿が基本モデルで、阿弥陀如来等は、想像上の形
菩薩   ○もともとの意味は、悟りを目指して修行している人  ○修行僧
  ○仏になれるのだが、世の中の苦しんでいる人々が救われるまでは
    あえて仏にならない … という考え方もある。
明王   ○密教の仏 ○明の王 ○明とは陀羅尼のこと
  ○無知や傲慢さから世の真実に目覚めないわからずやを、時には
   怒りを発して鉄槌を加え、力づくで救いとる
  ○如来が姿を変えて現れたとも
  ○インドで生まれた仏教以前のバラモン教の神々等
  ○バラモン教と民間信仰が混じってヒンズー教が生まれた
  ○如来や菩薩の守護神
諸尊   ○仏以外の信仰対象  ○天との区別が難しい(考え方による)
  ○歴史上実在した仏弟子